ホーム > 取扱業務 > 交通事故
交通事故

交通事故

  • 交通事故に遭って怪我をしたがどう対応すればいいのかわからない
  • 保険会社の対応や示談の提示金額に納得できない
  • 交通事故の後遺症が残りそうで不安を抱えている

 交通事故はある日突然降りかかってくる不幸の最たるものと言えるでしょう。
 後遺症が残ることもあり、交通事故被害を乗り越えて元の生活に戻るには加害者との示談が不可欠です。

 多くの場合、保険会社と交渉することになりますが、相手方保険会社は被害者の味方ではありません。
 法的知識を持たずに交渉に臨むと、不利な内容であることに気付くことすらなく示談に応じてしまうこともあります。

 交通事故の
初回法律相談は【無料】着手金も【無料】 です! 
 また、弁護士費用特約があれば、交通事故被害者の弁護士費用実質負担額は0円となります。

事故発生から解決までの流れ

 一般的な人身事故(加害者の任意保険あり)では、次のような流れとなります。

 1. 警察と保険会社に交通事故の発生を連絡する。
 2. 病院での治療が開始する。
 3. 交通事故加害者側の保険会社から治療費や交通費の負担についての説明を受ける。
 4. 交通事故で負った怪我が完治、または症状固定(回復不能が確定)となるまで入通院する。
 5. 交通事故加害者側の保険会社との示談交渉が開始する。
 6-1. 保険会社の申出に応じる場合⇒示談により交通事故の問題は解決
 6-2. 保険会社の申出に応じない場合⇒交通事故損害賠償請求訴訟提起等を検討する。


交通事故の示談交渉を弁護士に任せるメリット

 交通事故加害者が任意保険に加入していた場合、保険会社が諸々の手続を進めて示談金額を提示してきます。
 しかし、交通事故の賠償金には
「保険会社の基準(安い基準)」「弁護士の基準(高い基準)」があり、保険会社が提示してくるのは前者の「安い基準」の金額であるということは意外と知られていません。

 交通事故の交渉段階で弁護士が入れば、弁護士の主張する「高い基準」が交渉のベースとなるため、弁護士が入ることで示談金額が大幅に上がることも珍しくありません。
 これが、交通事故の示談交渉を弁護士に任せることの最大のメリットです。

 また、交通事故で不安定な精神状態に置かれる被害者にとっては保険会社との交渉自体が負担となります。
 弁護士に交通事故の処理を委任することで、
示談交渉のストレスから解放されることもメリットの1つです。

後遺障害等級認定

 交通事故で一定の後遺症が残った場合、後遺障害等級認定がなされることがあります。
 これは、怪我が完治しない場合に、その症状を「後遺障害」として金銭解決を図るためのものです。
 後遺障害には1~14級の等級があり、このいずれかに該当すれば、等級に応じた後遺障害慰謝料や労働能力喪失による逸失利益、将来介護といった損害賠償請求が可能となります。


 一般的に言う「後遺症」と、法律用語としての「後遺障害」は別物であり、何か症状が残れば後遺障害等級認定がなされる、というわけではありません。
 通院期間に空きがあったり、診断書の記載に不備があったりすると、適正な認定がされないこともあります。
 そのため、 
交通事故に遭ったら早めに弁護士に相談して、治療の受け方のアドバイスを受けておくことが重要 となります。

 当事務所は
総合病院を運営する医療法人の顧問弁護士を務めており、いざというときには医療機関と協力して交通事故事件の解決に当たることもできる体制を取っています。

弁護士費用特約とは

 車対車の交通事故で双方に過失がある場合、自身の加入している保険会社が交通事故の処理をしてくれます。
 ところが、被害者に過失がない場合、保険会社は動いてくれず、被害者自身が交渉を行わなくてはならなりません。

 このような場合に有効なのが、
「弁護士費用特約」です。
 加入中の損害保険にこの特約があれば、
保険会社が弁護士費用を最高300万円まで負担してくれます。
 停車中の追突や、歩行中に自動車にはねられたといった交通事故では、この特約が大きな助けとなります。
 
 「弁護士費用特約」が使えるのは保険会社が指定する弁護士に限られず、被害者は依頼したい弁護士を自由に選ぶことができます。

 当事務所はこの「弁護士費用特約」にも対応しておりますので、交通事故のご相談の際にお伝えください。

よくあるご質問

【法律相談について】
 ・交通事故法律相談の流れや相談料について教えてください。
 ・電話やメールでの交通事故の相談をすることはできますか?
 ・被害者本人が入院中なのですが、どのように相談すればよいですか?
 ・被害者本人が意識不明なのですが、どのように相談すればよいですか?

【弁護士費用について】
 ・交通事故の料金(着手金・報酬金)について教えてください。
 ・弁護士費用特約について教えてください。

【事件への対応について】
 ・他府県(大阪府以外)の交通事故も対応可能ですか?
 ・物損やペットの交通事故にも対応してもらえますか?
 ・交通事故の事件処理の流れを教えてください。
 ・交通事故を弁護士に依頼するメリット、デメリットは何でしょうか?

【示談金額について】
 ・なぜ弁護士に頼むと交通事故の示談金額が上がるのですか?
 ・交通事故示談金の内訳にはどのようなものがあるのですか?

【治療・後遺障害について】
 ・「症状固定」とは何ですか?
 ・保険会社が症状固定を急かしてきます。
 ・保険会社が治療費の支払いを打ち切ると言ってきます。
 ・交通事故後遺障害の等級について教えてください。
 ・「高次脳機能障害」とはどういうものですか?

【死亡事故について】
 ・死亡事故で損害賠償請求できるのは誰ですか?
 ・交通事故被害者の遺族はどんな請求ができますか?

交通事故の弁護士費用の基準額(税込)

・保険会社からの示談金額提示前に受任した場合
 着手金 無料(0円)
 報酬金 獲得金額の10.8%+216,000円

・保険会社からの示談金額提示後に受任した場合
 着手金 無料(0円)
 報酬金 増額部分の21.6%+216,000円

・弁護士費用特約を利用する場合
 着手金 保険会社負担(依頼者の負担0円)(※)
 報酬金 保険会社負担(依頼者の負担0円)(※)


弁特利用時の弁護士費用は、保険会社との協定基準によることになります。

弁特利用可能範囲内であれば、依頼者が弁護士費用を負担することはありません。

アクセス


大きな地図で見る

〒530-0047
大阪市北区西天満4-7-1
北ビル1号館201

御堂筋線 淀屋橋駅
谷町線/堺筋線 南森町駅
四つ橋線 西梅田駅
JR 大阪天満宮駅 北新地駅

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2017/08/03

【夏季休業のお知らせ】
 8/16(水)~8/22(火)の間、夏季休業とさせていただきます。