99.雑記

2016年3月18日 金曜日

弁護士業務妨害対策

 先日、大阪弁護士会の研修、「弁護士業務妨害の現状と対策」に参加してきました。

 弁護士は、紛争の渦中にある一方当事者の代理人となり、交渉なり訴訟なりを進めます。
 紛争といっても、比較的平和で治安のよい日本国内のことですから、せいぜい相手方から不快な対応をされるとか、怒鳴りつけられるとかの程度で済むのが大半です。
 しかし、稀にですが、依頼者や相手方の反感・恨みを買って嫌がらせやセクハラを受けたり、最悪の場合、死傷の結果に至ることもあります。
 弁護士会では、そういった事案に対応するための委員会も設けており、今回の研修は、その委員会が開催したものです。

 トラブルを起こしそうな依頼者や相手方がいる場合の情報共有、対応マニュアルの策定や逃走経路の確保といったことを、実際に起きた弁護士業務妨害事案を題材として学ぶのですが、弁護士や事務員が受任事件に絡んで死亡するに至った事案というのはさすがに数が少ないので、大体いつも同じ事案が取り上げられます。
 しかし、何度目にしてもやるせない気持ちになり、いつまで経っても慣れることはありません。

 ちなみに、過去の事案を見る限り、事件の相手方との関係で最も死傷の可能性が高いのは、
「離婚事件でこちらが女性(妻)の代理人に就き、相手方男性(夫)に弁護士が就いていないケース」
です。
 事件の依頼者との関係でトラブルが発生しやすいのは、
「刑事事件で女性弁護士が男性被疑者・被告人の弁護人に就いたケース」
です。

 事件を受任する弁護士だけの問題ではなく、事務所内にいる事務員にも関わってくる問題ですので、雇い主としてもそのような事態が起こることのないよう、常に気を配ってはいるつもりです。
 とはいえ、いつ何時そういった危険な事態が発生するか、誰にもわかりません。
 定期的にこういう研修を受けて、防犯意識を高めておくことが肝要と思います。

 先日の研修は少し変わっており、講義が終わった後に天満警察署の柔道教官らを招いての護身術実演がありました。
 手を掴まれた場合や後ろから抱きつかれた場合などに、それを振りほどいて逃走の時間を稼ぐ、非常に初歩的なものではありますが、コツを掴めば簡単に実践でき、非常に有意義な研修でした。

 私は和道流空手の段位持ちで一応黒帯も拝領しておりますが、近年は定期的な修練を積んでいるわけではありませんので、いざというときに身体がきちんと反応するか、不安なところもあります。
 事務所には事務員もおりますので、いざというときにはこれを護る責務もありますが、私がいないときに事が起こるかもしれません。
 事務所以外で、例えば仕事帰りに痴漢等に遭う可能性もありますので、研修の翌日、早速習った護身術を事務員にも伝授しておきました。

 研修の際、警察官の方もおっしゃっていましたが、大事なのは常日頃防犯意識を持ち、それを事務所全体の共通認識としておくことです。
 無論、そもそも問題が起きないように備えておくことが大事ではありますが、不測の事態というのは、予測していないときに予測していない形で起きるからこそ「不測」なのです。

 研修を機に、改めて気を引き締めることとなりました。
 ...とりあえず、最近サボりがちになっていた筋トレと棒術の鍛錬を早急に再開したいと思います。

投稿者 士道法律事務所 | 記事URL

2015年11月12日 木曜日

弁護士が嫌がること

 ウェブマスターツールを利用すると、HPの閲覧者がどのようなキーワード検索で流入してきたのかを見ることができます。
 当事務所のHPだと、
  「交通事故 弁護士 大阪」 「交通事故 弁護士 メリット」 「労働問題 弁護士 大阪」
といったものが件数として多いのですが、1つ気になるキーワード、
  「弁護士が嫌がること」
というものがあったので、これについて少し触れてみたいと思います。


 一般に、弁護士が嫌がりそうな事件はいくつか考えられますが、ざっくり分類すると次のような感じでしょうか。

①弁護士の利益に関する問題(係争額が低くて弁護士報酬が少ない事件等)
②事件の難易度に関する問題(事実関係が複雑で処理に多大な労力を要する事件等)
③事件の手続に関する問題(受任手続に公的機関が関与してくる事件等)
④人の性格に関する問題(依頼者や相手方が厄介な性格の人である事件等)

 何を嫌がるかはその弁護士、法律事務所の考え方によります。
 例えば、「ある程度以上の後遺障害のある交通事故事件以外は受けない」という方針を立てているなら①重視。
 「高齢なので複雑な事件はしんどい」と考えているなら②重視。
 「誰かの紹介がなければ受任しない」という弁護士なら④重視、というようにです。


 私自身について言えば、①②③の問題を感じたことはあまりありません。
 仕事をしていて嫌なことがあるとすれば④、といったところでしょうか。

 ④の中でも、依頼者に関するもの、相手方に関するもの、その他関係者に関するものがあります。
 依頼者に関するものとして、実体験から挙げられるのはこんなところです。

・感情をコントロールできず、弁護士のアドバイスを聞き入れない。
・必要な資料を準備せず、弁護士の連絡も無視し、事件処理が長期間停滞してしまう。
・自身が同意して成立させた和解に難癖をつけて報酬を値切ろうとする。

 長く法律相談をやっていると、問題のありそうな依頼者は口調や振舞いから何となくわかってきますので、これはやばいと思ったら丁重にお断りします。
 また、依頼者が受任時に説明したことに重大な嘘があった場合や、依頼者が事件解決に協力してくれない場合には辞任手続を取ることもあります(このような理由で実際に辞任に至ったのは全体の1%にも満たない件数ではありますが。)。

 相手方に関するものとしては、こういったものがあります。

・相手方本人が対応し、意味不明な超理論を展開したり、凄んできたりする。
・相手方に性格に難のある弁護士がついて横柄な態度で変な交渉をしてくる。
・相手方に財産がない。

 相手方本人が対応してくる事件は、法的に通らない無意味な主張をしてくることが多いので話が噛み合わず疲れますが、裁判を起こせば勝訴判決は結構簡単に取れるのでその点は楽です。
 個人的に、50代以上の弁護士が単独で出てきた事件は基本的にハズレと思ってげんなりします。複数受任で若い弁護士とセットで出てくるときはいいのですが、何故か年配の弁護士が単独で出てきたときは上から目線で幼稚な交渉を展開してくることが多く、ストレスが溜まります。
 「払う金がない」というのはある意味最強の抗弁なので、相手方が無資力だと勝訴判決も絵に描いた餅にしかならず、依頼者に対して申し訳ない気持ちになります。

 その他関係者に関するものとして、病院関係者や役所の人との協議が必要となることがあります。
 たまに、弁護士に対して敵意むき出しで対応してくる人がおり(前に関わった弁護士が余程ろくでもない人間だったのでしょう...)、気を遣うことがあります。
 大体は、丁寧に対応していると、「この弁護士は自分の知っている弁護士とは違う」と態度を和らげてくれますが。


 「弁護士が嫌がること」で検索している人が、弁護士に嫌がらせをしたいのか、相談前に不安を抱えているのかはわかりませんが、概ねこんな感じです。
 何の仕事でもそうでしょうが、理屈の通じる常識人とのやり取りは心穏やかに進むでしょうし、我儘で非常識な人とのやり取りはお互い精神を削られて更なる衝突を生むのではないか、といったところです。

投稿者 士道法律事務所 | 記事URL

2015年3月23日 月曜日

桜の開花

 堂島川ほとりの桜が咲き始めています。

 桜が咲くと春が来たなぁという気になりますね。

 今週から寒の戻りで少し冷え込むとのことで、体調を崩さないよう気を付けたいものです。

大阪地方裁判所南の堂島川の桜

投稿者 士道法律事務所 | 記事URL

2014年9月 8日 月曜日

コスモス

 暑さが多少和らぎ、朝夕には秋の気配も感じられるようになりました。
 飾るのに適した夏の花というのは意外と難しく、7月から9月上旬まで普段より長めに向日葵を飾っていましたが、秋の訪れとともにコスモスに差し替えました。

コスモス

投稿者 士道法律事務所 | 記事URL

2014年6月 5日 木曜日

紫陽花

 関西も梅雨入りし、大阪市内も雨降りの日が目立つようになってきました。

 この季節の代表的な花と言えばやはり紫陽花。
 淀屋橋から大阪市役所の南側を通って中之島を北浜方面に歩いて行く途中の一角や、大阪弁護士会館の敷地内には紫陽花が植えられている場所があるのですが、少し前からそのあたりの紫陽花もきれいに咲いています。

 雨の日が増えてきたのに合わせて、会議室に飾る花を紫陽花に変えました。



 紫陽花の花言葉を調べてみたところ、「高慢」「冷淡」「無情」などなど。
 ...あまりポジティブな言葉がないですね。
 個人的には好きな花の1つなのですが。
 何となくですが、弁護士のネガティブイメージに重なる言葉が多いような気がします。

 最近は相談件数も増えてバタバタする日も多いのですが、忙しさに追われて知らず知らずのうちに「冷淡」「無情」な応対となってしまわないように、紫陽花を横目に捉えながら、今月も法律相談に来られた方のお話をしっかり聞いていきたいと思います。

投稿者 士道法律事務所 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

〒530-0047
大阪市北区西天満4-7-1
北ビル1号館201

御堂筋線 淀屋橋駅
谷町線/堺筋線 南森町駅
四つ橋線 西梅田駅
JR 大阪天満宮駅 北新地駅

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2017/08/03

【夏季休業のお知らせ】
 8/16(水)~8/22(火)の間、夏季休業とさせていただきます。

2017/07/04