61.交通事故FAQ

2014年4月21日 月曜日

保険会社が治療費の支払いを打ち切ると言ってきます。

「保険会社が治療費の支払いを打ち切ると言ってきます。」

【回答】
 交通事故の治療費の支払いについては、保険会社による治療費一括払いという方式が採られることが多いです。
 この方法は、保険会社が自賠責保険の立て替え払いを被害者に行うというもので、被害者としては煩雑な手続を行わなくてよくなるという利点があります。
 しかし、これは保険会社が交通事故被害者に対して行うのサービスとして位置付けられているものであり、保険会社が「これ以上の治療は不要である」と判断すれば、保険会社は任意に立て替え払いを打ち切ることができるという難点があります。
 そのため、一括払いの方式を採用している限り、打ち切りそのものに対する絶対的な対策はないということになります。

 ただし、交通事故被害者が打てる手が全くないというわけではありません。
 交通事故治療費の支払いを打ち切られたときの対応として、第一に医師の判断をしっかり聞くということが挙げられます。
 医師が治療の継続の必要性を認めるのであれば、これを保険会社に訴えていくことが考えられます。

 第二に、治療を継続するのであれば、健康保険を利用する等して自費で治療を続けることを検討することになります。
 ここでかかった交通事故に関する治療費は後で保険会社に請求することになるでしょうが、保険会社が治療費の支払いを打ち切っている以上、これを認めさせる示談が成立する可能性は高いとは言えず、訴訟まで視野に入れなくてはならなくなります。

 第三に、治療を打ち切って示談交渉に入るというのもあり得る選択肢です。
 この場合、残された回復未了の部分は交通事故の後遺障害の問題として考えていくことになります。

投稿者 士道法律事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒530-0047
大阪市北区西天満4-7-1
北ビル1号館201

御堂筋線 淀屋橋駅
谷町線/堺筋線 南森町駅
四つ橋線 西梅田駅
JR 大阪天満宮駅 北新地駅

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2017/08/03

【夏季休業のお知らせ】
 8/16(水)~8/22(火)の間、夏季休業とさせていただきます。

2017/07/04