61.交通事故FAQ

2014年4月21日 月曜日

保険会社が症状固定を急かしてきます。

「保険会社が症状固定を急かしてきます。」

【回答】
 交通事故の治療継続中に保険会社が、「そろそろ症状固定にしませんか?」と打診してくることがあります。
 時期としては、治療を開始してから3か月~6か月の時点でこのように言われることが多いでしょう。

 保険会社としては、ダラダラと治療を続けられても困るので、一定の目安で示談への移行を求めてくるのです。

 ここで重要なのは、「症状固定の時期を決めるのは医師であって保険会社ではない」ということです。
 そのため、基本的には担当の医師とよく相談して、医師が治療継続の必要性を認めているのであればその旨の診断書を書いてもらい、これを保険会社に送付して、交通事故で負った負傷の症状固定がまだであることを伝えることになります。

投稿者 士道法律事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒530-0047
大阪市北区西天満4-7-1
北ビル1号館201

御堂筋線 淀屋橋駅
谷町線/堺筋線 南森町駅
四つ橋線 西梅田駅
JR 大阪天満宮駅 北新地駅

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2017/08/03

【夏季休業のお知らせ】
 8/16(水)~8/22(火)の間、夏季休業とさせていただきます。