61.交通事故FAQ

2014年4月21日 月曜日

「症状固定」とは何ですか?

「『症状固定』とは何ですか?」

【回答】
 症状固定とは、交通事故で負った怪我等の回復が一定レベルにとどまり、それ以上の回復が見込めない状態になることです。
 例えば、交通事故前の状態を100として、交通事故で骨折して身体の状態が50程度に落ちたとします。
 治療をすることで骨は再結合し、リハビリをすることで身体の状態は60⇒70⇒80と回復していきます。
 ところが、90程度まで回復したところで改善が見られなくなり、交通事故前の状態への復帰が難しくなることがあります。
 このように、症状の大幅な改善・改悪が見込めなくなった状態を指して、「症状固定」と言います。

 症状固定後は、残ったマイナス部分を交通事故の後遺障害として、慰謝料や逸失利益等を考えることとなります。
 それまでは交通事故の損害を確定することができませんので、示談を検討するのはその後です。
 つまり、症状固定は交通事故において、後遺障害の等級認定や示談の検討時期の指標としての意味を持ちます。

投稿者 士道法律事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒530-0047
大阪市北区西天満4-7-1
北ビル1号館201

御堂筋線 淀屋橋駅
谷町線/堺筋線 南森町駅
四つ橋線 西梅田駅
JR 大阪天満宮駅 北新地駅

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2017/08/03

【夏季休業のお知らせ】
 8/16(水)~8/22(火)の間、夏季休業とさせていただきます。